《デリヘル情報メニュー》女の子の嫌がる行為はしない


《デリヘル情報メニュー》女の子の嫌がる行為はしないブログ:2016/1/26


結婚して落ち着いた頃、
珍しく親父から電話があった。

「そこの住所を言ってみて」
知らないはずは無いのに唐突に親父が言った。

「うん、確かに間違いない」と
電話の向こうでお母さんとの話し声が聞こえる。
「手紙を書いて送ったのに戻ってくるんだよ。
住所も間違いないし、どうしてなのか分からないから、もう一度投函してみる」
と言って電話が切れた。

数日後、新居のアパートの小さなポストに、
親父からの大きな茶封筒が在った。

無事に届いたじゃないの…と思いつつ封を切ったら、
中から封筒に入ったままの手紙が出てきた。

「宛先にたどり着けない」という旨の朱色のスタンプが
白い封筒に色鮮やかに押されてあった。

「戻ってきたその手紙を送りましたので、何が間違っているのか見てください」
とメモが貼り付けてあった。

しばらくその手紙の宛先を見つめている内に、
ぼくはおかしさがこみ上げてきて、たまらず声を出して笑った。

とてもおかしいのに、涙も出て止まらなかった。
ぼくの宛名が旧姓のままだったのだ。

この日、届いたのは新しい姓で宛名も書いてあったが、
戻って来たと言う手紙には旧姓で書いてあった。
親父とお母さんはそこに気が付かなかったようだ

長い間付き合った姓、
愛着があるのはぼくも同じだったが、
子煩悩な親父らしいと思ったり、
几帳面なお母さんらしくないと思ったり…

手紙にはぼくが嫁いだ後の、親父の病状の事、
そして田植えや農作業の近況が細やかに書いてあった。

結婚には反対だったが、
ぼくの幸せを願い、最後には祝福してくれた。

旧姓のままの女の子の宛名に
気が付かなかった親父とお母さんに、
あらためて父母の気持ちを想い、遠く離れた事に気が付いた。